PA44SO40DA pin assignment


SOP-DIPアダプタ

PA44SO40DAはGRID社 CHIPMAXでPSOP形状のFLASH-ROMを焼くためのアダプタです。そういえば私も買う前はピンアサインだけでも知りたかったので、調べてみました。ただ、時間の無駄とかを考えると、私的には出来合いの製品を買うことをお勧めします。
PA44SO40DA写真-横から
PA44SO40DA写真-底から
PA44SO40DA写真-上から

ピンアサイン

DIP40pin-SOP44PIN
1-1,23
2-3
3-36
4-38
5-40
6-42
7-22
8-20
9-18
10-16
11-12,13,GND
12-37
13-39
14-41
15-43
16-21
17-19
18-17
19-15
20-14

21-2,44,VCC
22-24
23-33
24-32
25-31
26-30
27-29
28-28
29-27
30-26
31-35
32-25
33-4
34-5
35-6
36-7
37-8
38-9
39-10
40-11
   34-BYTE

このアダプタではピンアサインを見て分かりますように、SOPの44pinすべてがどこかにつながっており、ワード書き込みが可能になります。写真にあるように、#VCCと#GNDと#Byteはジャンパポストまで引き出されており、word、byte書き込みを選択するようになっています。。

代替手段など

28F400などはbyte書き込みが可能なので、400Kbit=512KByteのFLASHが書き込めるようなPCIデバイス経由で書き込んだりもできるはずです。ただ、そのためには2つ問題があって、

特に前者がうちではあまりまともなものができませんでした。具体的には、プリント基板を焼いて、2枚背中合わせに貼り付け、上面にはSOPソケット、下面にはピン(リード線を剥いたもの)となるようにし、28pinのDIPソケットに挿さるようにしました。しかし、機械的に満足の行くにはなりませんでしたので、やめました。繰り返しますが、時間の無駄とかを考えると、私的には出来合いの製品を買うことをお勧めします。繰り返し使えていいですし、楽チンです。


Valid HTML 4.01 Strict