カイテキオリゴの便秘に対する考え方は今いる菌を元気にする

乳酸菌は過酷な環境に弱い

栄養が豊富にあり、一定の温度の環境を好むビフィズス菌などの乳酸菌にとって、胃酸や胆汁が存在する環境は非常に過酷です。口から取り入れた乳酸菌が元気な状態で腸まで到達するのは難しいと考えられています。
一方で、乳酸菌の養分となるオリゴ糖は胃酸などによって分解されにくいためそのままの状態で腸まで届きやすいという特徴があります。従って、乳酸菌を口から直接補給するよりえさを送り込むことで腸内にいる善玉菌を活発化させるほうが効率がよいというのがカイテキオリゴのコンセプトとなっています。

善玉菌の好みに応じたオリゴ糖

腸内には、善玉菌や悪玉菌やこれら以外の菌をトータルすると実に100種類以上の細菌が住み着いています。このうち善玉菌は30種類以上に及ぶと言われていてそれぞれ好みのオリゴ糖の種類が異なります。
カイテキオリゴは、独自のEOS理論によりいろいろな種類の善玉菌が好むオリゴ糖を組み合わせて配合しているため善玉菌全体の活性化をサポートします。また、北海道産のてんさいを原料とした純度の高いオリゴ糖なので信頼性も高いといえます。

悪玉菌が便秘の原因に

悪玉菌が優位な腸内環境は、さまざまな弊害を彦起こします。その最たるものが便秘です。善玉菌のえさであるオリゴ糖を補給することによって善玉菌が活発に働くと腸内環境が改善されていきます。善玉菌が優位な腸内環境になることによってスッキリ生活へと変化していくのです。

カイテキオリゴのリンク集

乳酸菌サプリメントランキング|成分で徹底比較
乳酸菌サプリメントは、配合されている乳酸菌の種類や配合されている菌数、乳酸菌を助ける成分などの組合せで、たくさんの種類があります。配合されている成分を並列で比較することで最もお勧めな乳酸菌サプリを紹介しています。

酵素サプリの選び方
酵素サプリは、発酵の製法や価格などを比較していくと特徴やばらつきに幅が広く見られます。特に酵素サプリの製法に着目し、細かく比較していくことで最もお勧めな酵素サプリの選び方を解説しています。

低分子コラーゲンを徹底比較
低分子コラーゲンには、ペプチドコラーゲンとトリペプチドコラーゲンなどの種類がありますが、この2つの種類の製法を採用しているコラーゲンサプリをコラーゲン配合量や吸収量などで比較して紹介しています。

ラブレ菌サプリを配合菌数で選ぶ
耐酸性、耐塩性に優れるラブレ菌は、生きて腸まで届きやすいのが特徴の一つですが、より腸内へ多く届けるなら配合されている菌数が多い方が有利です。ラブレ菌を配合しているサプリを配合菌数の多さに着目してランキングで紹介しています。