カラコンを装着する場合は、必ず手を石鹸で洗って、清潔な状態で爪などでレンズを傷つけないように注意して取り出すようにしましょう。


カラコンに傷や汚れがないかをチェックしてから、裏と表がありますので間違えないように注意して人差し指に乗せます。人差し指の上に乗せて、カラコンが内側に丸まっている場合は表で、外側に広がっている場合は裏です。


カラコンを乗せている手の中指で下まぶたを引っ張り、もう片方の手の中指で上まぶたを引っ張り、カラコンが充分入る大きさまでまぶたを広げたら、真っ直ぐ前を見て黒目の上に静かにカラコンを装着します。


カラコンを装着したら数回まばたきをして、カラコンがキチンと黒目の上に乗っていることを確かめてから、反対側の眼も同じ様に装着します。