まんきち三杯の日記

三杯目もそっと出さないまんきちの論考サイトです

まんきち三杯の日記へようこそ

まんきち三杯の日記は、関連するまとめ情報提供を目的としたサイトです。三杯目も遠慮することなく論考し続けます。おなかいっぱいなんていわないでね。

最新ニュース一覧

日米 新人王 を知ると人気者になれるか

テレビアニメの「天才バカボン」は何回か放送されているが、最初のものはボン田先生やさくらちゃん、中村くん、竹中君など原作に登場しない人物が登場する。お茶の間をターゲットにしたものに書き換えるために必要だったのだろう。
野田佳彦首相と谷垣禎一総裁の「極秘」会談がバレてしまった。これによって「話し合い解散」が難しくなったという説もあるが、ではいったい誰がばらしたのか。野田総理の側近といわれている。実は味方と思っている人が裏切る。これは日常の人間関係にありがちな話だ。
芸能人の妊娠・出産報道の一方で、野田聖子議員の高齢出産で生まれた子どもが障害や病気であることを根拠に、高齢出産バッシングともいえる報道もある。出産に限らず、人間の体は年とともに衰えるので一般的に肉体に「適齢期」はある。ただ、それは個人差があるし、もとより子どもを生むかどうかは当事者の価値観によって回答は異なるので、周囲で勝手に決め付けるものではない。
今日は天ぷらを食べた。海老がぷりぷりしていていい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
植村花菜とキングコング・西野亮廣が破局していたという。交際をスクープした「女性セブン」(小学館)が、またもやふたりの熱愛事情をいち早く報じた。同誌によれば、西野から「結婚をリアルに考えられないから別れよ」と告げたという。だからどうって話でもないか。

「妥協をたくさんしてきたし、自分に負けたことも、いっぱいあります。ただ、野球に関しては、それがないというだけで。」イチロー(プロ野球選手)。自分だって普通の人間だよ。ただ、妥協すべきでないところは妥協しなかった、それだけだよ、といっているわけです。なるほどねえ。
情けは人のためならずって意味わかりますか。人を助けてはいけない、という意味ではないですよ。むしろ、その反対です。困っている人を見かけたら迷わず手を貸してあげることが、いずれ自分にも還ってきます。ではごきげんよう。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


野球 のことは、ここでは書きづらい、かも(笑 )

ええ、タイトルの件、ネットではかなりの話題になっていますね。でもまずは違う話題から入りますよ。
エッチなものをみると興奮して鼻血が出るという話があるが、あれ、全くの俗説。科学的根拠はない。興奮=血圧が上がる、と考えたのだろう。
今、昔の番組を見たいという人がいるが、昭和プロレスも特撮ドラマも、ビデオがない時代だからよかったのだ。記録できないから真剣勝負で必死に見る。今なんか録画したのを繰り返し再生できるんでそこまで作品にくっつかないから距離を置いた批評になる。客観的なんだけど熱くない。
海草類を食べると髪の毛にいいという説が全く俗説。健康療法には俗説が多すぎる。
今日は焼きめしを食べた。焦げと醤油の余韻がいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
最近はペットブームらしい。家庭で飼っているペットは犬や猫が多いが、それに次いで多いペットは何?という問いかけがあるサイトであった。そこでは、うさぎや熱帯魚がその予想に入っていたが、金魚、ハムスター、インコなども予想する人が多いようだ。ちなみに私はうなぎを飼っていたことがある。なかなかいいと思いませんか?
そんなばかな、と思うかな。それはわかる。わかるけれども、言論は自由だ。極論から真実が発見できることもあるし、そのあたりは尊重していただきたい。
「スターというのはみんなの期待に応える存在。でもスーパースターの条件は、その期待を超えること」長嶋茂雄(元プロ野球選手、元巨人軍監督)。長嶋茂雄さんは、隠れて練習をしていたらしいですね。
誰が何を言おうが、気にすることはないのです。あなたが反論できたとしても勝とうとは思わないこと。「勝利」とひきかえに、むずかしいその後のフォローがあるし。「ケンカしない」は世を生きる知恵です。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


オデッセイ が気になって仕方ない

NHKの「はなかっぱ」が静かなブームだ。ほのぼのとしていい、というのが大方の評判。ところで、花かっぱのじいさんの声は、てっきり星一徹の人かと思ったら、「天才バカボン」のフラダンスの犬の人だった。似てるよねえ。ということで、今日もいってみっぺか。
テレビアニメの「天才バカボン」は何回か放送されているが、最初のものはボン田先生やさくらちゃん、中村くん、竹中君など原作に登場しない人物が登場する。お茶の間をターゲットにしたものに書き換えるために必要だったのだろう。
スバルでお馴染みの富士重工業が、54年間の軽自動車生産を終えることになったそうだ。太田市にある同社群馬製作所では最後の軽自動車「サンバー」の生産を終える「ラインオフ式」も行われたというから本格的だ。軽自動車という日本文化らしい自動車が姿を消すのは、ただたださびしい、長い間ご苦労様としかいいようがない。
新しい男性像登場。カフェオレ様だって。ぷっ。オシャレ好き、スイーツが好きで居酒屋よりカフェが好きだけど女性には強気でオレ様キャラでグイグイ引っ張る男子というんだけどね。
ん?今日はもう少しいけそうかな。よし、もう少しいってみよう。
いろいろ考えても結論が出ないのが、にゅうめんはそうめんにするかひやむぎにするか、という選択肢だ。こんなに考えさせられる問題はない。何しろ、どちらも原材料は同じなのだから、栄養面での比較ができないからだ。
いや、この話題って意外と人前で話すとノッてくるのだ。それだけに、こっちも話題提供者としていいかげんなことは言えないから、ちゃんと答えを用意しておかなければならない。いろいろ大変ですよ。
「ムフォアーはムフォアーとメフォアーとピフォアーの3人家族です。生涯出産1.2人といわれる時代の核家族を21世紀の類型とするのなら、ムフォアー一族こそが私たちの象徴なのです」草野直樹(ムフォアー族・作者)。ムフォアー族は奥が深い。ムフォアーッ!
あなたはムフォアー族をご存じだろうか。昔、グロンサンのCM「がんばらなくっちゃ」に出てきたようなキャラを一筆書きで描いた親子三人のことだ。誰でも描けることが人気につながっている。作者の草野直樹氏によると、現代日本の核家族化を表現しているという。妖怪人間ベムも頭のどこかにあったという。うーむ、そんなに深い意味があったのかと驚いてしまう。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


キンタロー。 高校時代 、真相熟考論考すっか ?

スノードロップ。花言葉は希望です。何でも希望を持って前向きに頑張りましょー。ということで、今日も始めます。
荒牧陽子というものまねシンガーが話題になっている。音楽ゲーム「BEMANIシリーズ」で、04年以降収録楽曲のボーカルとして参加している。キャラクターの三度笠ポン太をテーマにした曲どでは「あーたん」という名義を名乗ることもあるが、うーむ、ちょっと世代が違うかな。
「子を持つ喜びは、31万円分の価値しかない」(幸福の計算式)。社会学者たちの根拠は、睡眠や友人との付き合いなどの「幸福」が犠牲になるからだとか。「犠牲」を喜びと感じる複雑な計算は、定量でしか判断できない学者の限界だろう。
米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の電子版は、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの世界最大手・米フェイスブックが、今月18日にも新規株式公開(IPO)をする見通しだと報じた。そこまで大きくなったのかという感じだ。
というのは前半のボヤキ。以後は今までの話はちょっと忘れてほしい。
ドラマの論争に、前作とリメイクではどちらがよかったか、という論争がある。たとえば、「白い巨塔」は田宮二郎版か唐沢寿明版か、という議論だ。だが、こういう議論は価値観の問題に尽きるから答えが出ない。そして、答えが出ないことをわかっているから、エンドレスで議論が出来ることが楽しいのだ。でもやっぱり、どっちか、という答えも気になる。あなたはどちらだろうか。私は田宮二郎派なのだが……。

人生はB級映画に似ている。途中で見るのを止めようとは思わないが、二度と見ようとは思わない(テッド・ターナー)。私はむしろ逆である。だから、後になって二度見たいと思わないよう、結局は今頑張るしかないと思っている。
今日の駄文、面白かったですか。暇つぶしにでも貢献できていたら幸甚です。文章そのものはびっくりするほどうまいわけではないのに、記憶に残る名文てありますよね。そういうのを書きたいなあと思っているんですよ。ではまた明日。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


新人最多本塁打 、その真相知ってる?

アドマイヤバラードが話題です。連休中はアドマイヤバラードがキーワード急上昇率第1位にも踊りでましたしね。競馬は国民の文化なのかなあ。ということで、今日もアドマイヤバラードに関係なくいってみます。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年は投票がインターネットなどで3月15日まで行われ、13万1380票が寄せられた。具体的な入選作については、第一生命の公式サイトで見ることができる。
ベーシックインカムをご存知だろうか。国民なら誰でも無条件に保障される給付のことである。弱者切り捨てのイメージが強い橋下大阪市長はベーシックインカム推進というから意外な気もする。接近が噂されている小沢一郎氏も、セーフティネットの構築という意味で、ベーシックインカムには積極的だ。
世の中の怪しいもの、たとえば霊感商法やカルト教団などの説はほとんど疑似科学だが、そうしたオカルト、疑似科学を暴く方法は2通りあるといわれる。ひとつは、言われている事それ自体が科学的にどうかと検証するものだ。もうひとつは、表に出ないことを見抜いて暴くことだ。たとえば、陰謀論はトンデモと決め付けるのではなく、陰謀論の真贋とともに、なぜその陰謀論が出てきたのかということまで考えると、新たな真実が見えてくるものなのだ。
ん?今日はもう少しいけそうかな。よし、もう少しいってみよう。
いきなり、すごい課題を出そう。あなたは、カレーを食べるとき、醤油をかけるか、ソースをかけるか。ふふふ、たいていはソースと言うかもしれないが、実は最近和風のカレーが流行しており、醤油派が増えているのだ。食文化もどんどん移り変わるのだ。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
「スターというのはみんなの期待に応える存在。でもスーパースターの条件は、その期待を超えること」長嶋茂雄(元プロ野球選手、元巨人軍監督)。長嶋茂雄さんは、隠れて練習をしていたらしいですね。
仕事や学業の成績が思わしくないのは、慎重になり過ぎて安全運転のしすぎなのです。可能性が低くてもチャレンジしたり、苦手な試験は思い切ってヤマをはるのもひとつの方策。がんばりましょう。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


新型オデッセイ 、の巻……なんちゃって

宮本慎也選手が2000本安打を達成しました。おめでとうございます。歴代40人目ですがかなり特殊な記録がいっぱいついているので話題になっています。でも、このブログはこれからそれに関係ない話題をやります。ごめんねってか。
温泉ライターといえば山田べに子が有名だが、元は食ライターだった、いたばしゆみこ、も別の意味で注目されている。震災が転機になり、カウンターだけの小さな小料理屋を開いたのだ。有名雑誌に食関係を寄稿していた前職を生かして、日本酒を常時20種類ほどそろえる店を構えた。詳しくはググろう。
横浜DeNAが話題になっているが、ここもTBSが身売りしたがっていたのになかなか商談がまとまらず苦労したようだ。要するに、球団経営には金がかかりすぎるのだ。その理由は選手の人件費に違いない。人気商売だからといって、このご時勢にレギュラーになればすぐに億単位の金が手に入るというのは、国民感情からすると受け入れがたいものがある。
軟禁されていた中国山東省の自宅から脱出し、北京の米大使館に保護されている盲目の人権活動家・陳光誠氏が話題になっている。香港紙・明報などは、「病気治療」名目で渡米するだろうと報じているのだ。いったい、どうなるのだろう。
まだまだ後半戦があるぞ。どーんといってみよう。
昭和プロレスというのはミステリアスな世界である。後になってから「このときはこうだった」的な話が出てくるが、それだって正しいかどうかなんて全くわからない。そこで、そうした歴史をひととおり最大公約数程度のことでいいので正しく並べている参考書を探している。
そう、今回の話題はつまらなかったかな。しかし、それは見方によっては非常に重大な分水嶺になっているのだ、ということだけはわかってほしい。
何もしなかったら、何も起こらない。(ウィリアム・シェークスピア)。とにかく何かやってみることだろう。太陽学園高校の河野先生も「レッツ、ビギン」って言ってたし。
さてさて、今日はあなたはこれから一杯やりますか? 私は風呂に入るところまでは予定しているが、さて、その後どうしようかな……。とりあえず、みなさんとはご挨拶しておきます。また明日まで、ごきげんよう。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


黒子のバスケ は注目なんだ

温泉ライターといえば山田べに子が有名だが、元は食ライターだった、いたばしゆみこ、も別の意味で注目されている。震災が転機になり、カウンターだけの小さな小料理屋を開いたのだ。有名雑誌に食関係を寄稿していた前職を生かして、日本酒を常時20種類ほどそろえる店を構えた。詳しくはググろう。
パラサイト中年がふえているという。自立の余裕なく、頼りは親の年金だそうだ。産業や社会保障の担い手が経済的に追い詰められ家族を持てなくなり、十分ともいえない年金で生活すれば、GDPはますます上昇しない。いったい日本はどうなるのだろうか。
明治安田生命保険が新卒対象にアンケート調査を行ったところ、就職先に選んだ理由は、「仕事のやりがい」「会社の安定性」「勤務地」といった定番は上位にあるものの「役職には興味がない」という回答も多かったそうだ。わずかな手当で責任をおうのはごめんということか。合理主義だね、これも。
ここまでが幕下、ここから先は幕の内。なんのこっちゃ。
青春スター、中村雅俊の「青春モノ」の代表作は何か、というのが友人との間で議論になった。「われら青春」「俺たちの勲章」「俺たちの旅」「俺たちの祭」「青春ド真ん中!」「ゆうひが丘の総理大臣」……。私はやっぱり「ゆうひが丘の総理大臣」だな。でも、オーソドックスには「俺たちの旅」なのかもしれない。
いやいや、私の問題のたて方が甘いのはよくわかっている。ただ、わかりやすくと考えたらこんな書き方になってしまった。そのへんはご了解願いたい。
人生は面白く生きなきゃ。面白くなかったら面白くなるように、どうして努力しないんだ(ドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」で大岩雄二郎)。しびれたなあ、ソーリ。でもね、努力しなきゃならないところで面白くなくなる、というパラドックスに悩む人は多いのだ。
ということで一応今日の話はおわりますが、どですか、今日の記事は、明日の会社の朝礼で話す3分間スピーチで引用していただけますか。いいです、いちいち著作者の許諾は求めません。どんどん使ってください。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


かぼ茶 はみなさんどう思います?

アドマイヤバラードが話題です。連休中はアドマイヤバラードがキーワード急上昇率第1位にも踊りでましたしね。競馬は国民の文化なのかなあ。ということで、今日もアドマイヤバラードに関係なくいってみます。
荒牧陽子というものまねシンガーが話題になっている。音楽ゲーム「BEMANIシリーズ」で、04年以降収録楽曲のボーカルとして参加している。キャラクターの三度笠ポン太をテーマにした曲どでは「あーたん」という名義を名乗ることもあるが、うーむ、ちょっと世代が違うかな。
堀北真希が正念場らしい。何がって?NHKの朝ドラに決まったからだ。朝ドラに決まったのは朗報だろうって?そう。それはそうだが、堀北真希は正直、数字の取れる女優ではない。ここでコケてしまうと女優として厳しいのだ。さて、どうなるだろうか。
野田聖子議員の出産が賛否両論だ。たんなる高齢出産ではなく、他人の卵をもらったからよけいに「無理をした出産」に見えるのだろう。

タイトルとはかけ離れて恐縮だが、あなたは「ゆうひが丘の総理大臣」派か、それとも「三年B組金八先生」派か、どちらだろうか。あ、どちらも知らない(笑)。そりゃそうだ。どちらも70年代のドラマだから。いや、要するに中村雅俊派か、武田鉄矢派か、という話なのだ。
いやいや、私の問題のたて方が甘いのはよくわかっている。ただ、わかりやすくと考えたらこんな書き方になってしまった。そのへんはご了解願いたい。
たった一人で見た夢が、百万人の現実を変えることもある(マヤ・アンジェロウ 米:詩人)。そういうものかもしれない。
人生一期一会って言葉、聞いたことありますか。サイトなんかもそんな感じですよね。でも、できるなら一度知り合った方とは長くお付き合いしたいもの。今日見に来てくださったみなさん、明日も書きますのでよろしくお願いいたします。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


古閑美保 、それ一筋に考えよう

よしよし、それじゃあ、今日もいってみっかな。準備いいですか。よし、レッツゴー。
パスモについて、インターネット経由でウェブブラウザー上から使用履歴を参照できる「マイページ・PASMO履歴照会サービス」が一時停止されて話題になった。サービスの利用者を認証するセキュリティレベルを再検討するためだ。便利なものはそうしたリスクがつきまとう。セキュリティは時間とお金をかけて万全になるよう頑張ってほしい。
4月29日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が、いすゞ自動車に資本・業務提携を打診していることがらかになった。うーむ、といわざるを得ない。
カフェオレ様。誰が考えたのか知らないが、ググってもほとんど出てこない。本当に流行ってんのだろうか。みなさん、ご存じですか。
今日はノリ弁を食べた。金が浮いていい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
みなさんは、レバニラ炒め派ですか、それとも肉野菜炒め派ですか。レバーは栄養があるけど、コレステロールも溜まりやすく、また内臓は毒素が溜まりやすいところだと聞いてからレバニラ炒めは避けているのだが、たまにはいいのかなというふうには思っている。

自尊心とは空気でふくらませた風船である。ちょっと突いても炸裂して風になってしまう(ボルテール)。メンツ、外聞、虚栄心、嫉妬……人間にはきたならしい感情が多すぎる。だが、それを上手に前進の力に変えれば人生の成功者になれる場合もあるからややこしい。?草野直樹氏は「Windows XP/Me 再インストール&バックアップ」(技術評論社)という本で、従来のパソコン本のようなたんなる手順書ではなく「なぜ再インストールが必要か」という理念にも重きを置き、第1章はそうした説明を中心に書かれたが、以後、図解パソコン本市場自体が縮小していった。ある意味、パソコン本の画期となった書かもしれない。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


ハロウィン を思ってみたが……

あー、まいど。毎日よく書くことがありますね、なんていわれますが、まあ、そのへんはね。ふふふ。では、今日もいってみましょう。
高須基仁氏が、主催イベント「熟女クイーンコンテスト」で、オセロ・中島知子と騒動後に電話連絡をとっていたこと、中島知子が自宅マンションを出都内近郊に滞在していることなどを話したという。が、それはイベントとは何の関係もないことだ。「話題の流行」に乗り遅れまいとばかりに、次から次へと自分の名を売りたい人たちが中島知子を語ることは、実は占い師よりもよほど胡散臭い。
電子ブックが話題になっているが、月刊誌の「文芸春秋」が、とうとう4月号から電子版の国内向け配信を始めた。大手出版社の有名な伝統ある雑誌だけに、これは電子ブックのロードマップをかなり大きく書き換えることになるかもしれない。海外在住の日本人向けに昨年3月号から配信を始めたものの、希望が多かったという。価格は海外向けと同じ1000円だそうだが、電子ブックだとトイレやねっころがったりして見られないよ。
私たちが使っている地図。便利だけどどうやって作るかご存知だろうか。ゼンリンという地図製作会社によると、28万人の調査スタッフによって一軒一軒調べ上げるのだそうだ。GPS受信機やビデオカメラも使うが、基本は人の力だそうだ。ハイテク、ITといっても基本は人間なのだ。これはあらゆる分野にいえることである。
ベイブレードはお好きですか。いや、好きでも嫌いでも、だからどうということはないです。後半戦、いってみましょう。
みなさんは、ラーメンの具というと何を思い浮かべるだろうか。私などは、もう当たり前のように「なると」だが、実際には、なるとをのせている方が少ないのではないか。確かに、こってりしたとんこつラーメンや札幌ラーメンになるとは似合わないかもしれないが……。
そりぁ、私にも間違いはある。いいすぎることもあるかもしれない。しかし、今回のこの問題だけは、はっきりさせたい、譲れない、こだわりたい、そんな思いを強く持っている。
「売れる売れない二の次でかっこのよろしい歌ば作り、聴いてもらえりゃ万々歳。そんなあたしは傾奇者。人呼んでNUMBER GIRLと発しやす」向井秀徳(ミュージシャン)。おー、いろいろ考えたご挨拶ですね。
愛多憎生(あいたぞうせい)という言葉の意味をご存じですか。度を過ぎて愛情を受けると第三者の憎しみをかうということ。要するに、人の愛情に甘え過ぎてはいけないのです。人を頼るだけの人生から脱却しましょう。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


気まぐれ本格派 、その真相知ってる?

「三丁目の夕日」という映画がテレビで放送されていたが、冒頭のシーンで、子どもがひざまで隠れる半ズボンをはいていたので興ざめ。当時の子どもの半ズボンは足が全部出ていてもっと汚い格好だった。そんなに遠い昔ではないのだから時代考証はちゃんとしてほしい。
今、昔の番組を見たいという人がいるが、昭和プロレスも特撮ドラマも、ビデオがない時代だからよかったのだ。記録できないから真剣勝負で必死に見る。今なんか録画したのを繰り返し再生できるんでそこまで作品にくっつかないから距離を置いた批評になる。客観的なんだけど熱くない。
(独)国立健康・栄養研究所内情報センター健康食品情報プロジェクトは、「カテキンを含む緑茶として飲用した条件では、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮頸がん、胃がん、卵巣がんなどのリスクの低減に対して、有効性が示唆されている」と書かれている。要するに、緑茶(カテキン)ががんの予防に有効といえるかもしれない、という話だ。だが、一方で飲みすぎの問題点も書かれている。要は、なんでも一面だけみないでほどほどに、ということである。
というのは前半のボヤキ。以後は今までの話はちょっと忘れてほしい。
ここのところマイブームなのが、食後のアイス。ショートニングと砂糖が健康にどうこうという向きもあるが、ちょっと食べたくなることがある。その際、どちらを食べようか迷うのがコーン型のアイスかカップ型のアイスか。どちらも食べたいが、どちらも食べてたらメタボになるしね。選ぶとすれば?ワインと同じで、食事にあわせた選択を考えよう。
これがもう、会社の同僚などの間でも共通見解というか、同じようなこと言う人間がいるから驚きである。
こころを込めて仕事をすれば、あなたは必ず成功するだろう。なぜなら、そんな人はほとんどいないからだ(エルバート・ハバード)。至言である。世間をなめてもいけないが、必要以上に恐れることもない。自分の道を行くだけである。
いろいろアイデアが浮かんでくる時期ではないですか。それはこのブログを読んだから、だったりして。まあそれは冗談としても、自分の経験をヒントにして大いに考えるといいと思いますよ。次々企画は出てきます。ということで、また明日。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


タモリ 合計収入 とツイートしてみるか?

「原発ゼロ」で電力需要の高まる夏をこえられるか。政府は福井県おおい町の関西電力大飯原発3、4号機を再稼働させたい考えらしいが、周辺自治体の理解を得られるめどは立っていない。そりゃ、そうでしょう。福島のことがあるんだから。ということで、政府の推進を応援と思われたくないので今日はこの話題にはふれません。
私が住むマンションのエレベーターが、新しいものに取り替えられることになり、全面改修工事で当分の間、階段で行き来することになった。5階に住んでいるので、上りはちょっと辛いかなという気がするが、運動の機会と考えればいいかもしれない。
河村たかし名古屋市長の南京事件発言に関し、中国江蘇省南京市の要人が「河村市長が誤った発言を認めて撤回し謝罪すれば(姉妹都市の)両市の関係は元のように良くなる」と述べた。だが一方で、この問題が日中の国レベルの関係悪化に発展するものではないとの認識も。要するに南京市としてのメンツで言っている訳だ。学術的根拠に従うということにしておけばいいのではないだろうか。
アメリカ心臓協会によると、突然死5559件の検視データを調べた結果、性交中の死亡は0.6パーセントに過ぎなかったが、うち93パーセントは婚外交渉中、つまり不倫関係だったということだ。性行為のロスと浮気のストレスでそうなるのかもしれない。それでもやっぱり不倫はしてみたい……かな。
今日は焼きめしを食べた。焦げと醤油の余韻がいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
最近、ラーメンがマイブームになっている、油そばとか、今までにないものもいろいろ食しているのだが、正直なところ、やはりオーソドックスな醤油、もしくはミソラーメンがいちばんと思ってしまう。みなさんは何ラーメン派ですか。

「猛練習というと、普通、ヘトヘトになるまでの練習ですよね。でもボクらの猛練習というのは、ヘトヘトになってから始まるんですよ」ジャイアント馬場(昭和のプロレスラー)。力道山時代の猛練習は平成の入門者にできないと馬場さんは言ってましたね。
愛及屋烏(あいきゅうおくう)という言葉をご存じですか。愛憎の情はその人自身とともに周囲の人にも及ぶということです。ひとをのろわばアナふたつとはよくいったものです。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


芦名星 をここで論証するか?

ええ、タイトルの件、ネットではかなりの話題になっていますね。でもまずは違う話題から入りますよ。
私が住むマンションのエレベーターが、新しいものに取り替えられることになり、全面改修工事で当分の間、階段で行き来することになった。5階に住んでいるので、上りはちょっと辛いかなという気がするが、運動の機会と考えればいいかもしれない。
橋下徹大阪市長は、衆院小選挙区の「1票の格差」是正について「是正案を官僚に作らせ、あみだくじか抽選で決めたらいい。決められない国会議員はやめたほうがいい」と述べ、意見集約が遅れている与野党の対応を批判したというが、いくら何でも「あみだくじか抽選」はないだろう。
最近は「名医」「専門医」といった肩書きを誇ったり、そうした医師や病院の情報を集めたムックや書籍などが発売されているが、それらは事実上、医師の自己申告によるものだから、評価の対象にするのはあまり意味がないという。経験が豊富で、かかりつけ医が推薦する医師を頼るほうがずっと理にかなっている。
ではいくよ、いくよ、まだまだよ、いくよ、まだよ、それ、後半戦だー!
ズバリ聞こう。あなたは大島優子派か、それとも前田敦子派か。さあ、いったいどちらだ。え、どちらでもない。どちらも知らない?(笑)。なら、国生さゆりと新田恵利ならどうだ。まだダメか、ミーとケイ。あ、まだだめ。うーんと、加藤茶と志村けん、ジャイアント馬場とアントニオ猪木、長嶋茂雄と王貞治、先代柳家小さんと三遊亭円生……。要するに、壮絶にしのぎをけずれるライバルのいる世界は栄える、ということだ。
そんなばかな、と思うかな。それはわかる。わかるけれども、言論は自由だ。極論から真実が発見できることもあるし、そのあたりは尊重していただきたい。
人並みの人間が、人並みの働きで終わっておれば、人並みの事しか出来ない(鈴木三郎助)。別の読み方をすれば、その人の力量に応じた成果は、真面目に生きていれば創出できる、だから身の丈を考えない無謀な(余計な)ことはするな、ということだ。人生、つい道草を食いたくなるときがあるが、そのときにはこの言葉を思い出そう。
愛執染着(あいしゅうぜんちゃく)という言葉をご存じですか。まあ一言で言えば、男女の愛欲の執着です。そういう話ってはしたないですか。でも人間の生の本質だと私は思うのですが。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


みおなおみ 、興味は尽きない

タイトルとは関係ないけど、この話から始める。ちょっとお読みいただきたい。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年は投票がインターネットなどで3月15日まで行われ、13万1380票が寄せられた。具体的な入選作については、第一生命の公式サイトで見ることができる。
仁義なき戦い の原案者として知られているのが、広島・呉の有力ヤクザだった美能組を率いていた美能幸三氏である。「週刊文春」(5月3、10日号)によると、美能幸三氏は、原案料はもらわなかったが東映の衣装をもらい下げたことをきっかけに結婚式場などの事業を発展させたという。原案料なしでヒット映画を作った東映はいい思いしたわけだ。
カフェオレ様。誰が考えたのか知らないが、ググってもほとんど出てこない。本当に流行ってんのだろうか。みなさん、ご存じですか。
そうだよ、まだ半分だよ。続きがあるんだよ。
健康のために朝食は摂れといわれてきたが、ときには逆に朝食を摂らないほうがいいという説を唱える人もいる。では、いったいどちらがいいのか。やっぱり摂ったほうがいい。栄養学的なことはわからないが、脳は糖分をほしがっているし、噛むことで目も覚めるというものだ。みなさん、朝食は摂りましょう。

「行蔵は我に存す毀誉は他人の主張我に与らず、我に関せずと存候」勝海舟(江戸時代末期の幕臣)。自分の出処進退は自分が決める。他人の評価など知ったことか、という意味ですね。まったくその通りなのですが、最近はそれを悪い意味での居直りに使う政治家も少なくないですね。
ということで、今日はもう全力投球だった。私は猛満足です。それじゃ、また。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


神田うの 友人批判 、ネットで話題沸騰!

暴力団排除条例施行後に、のっけからこんな話はどうかと思うが、「実話ドキュメント」という雑誌の、ももなり高氏の漫画が面白すぎだ。今は新連載が始まった。みなさんも関心があれば一読をお勧めしたい。ということで今日もいってみよう。
松本潤との眉毛CMや、澄んだ声と清潔な話題が評判のラジオ番組でお馴染みの桐谷美玲がネットで大変な人気らしい。今度はニュースキャスターにも初挑戦というのだから凄い。要するに、キャスターというのは原稿さえ読めれば、あとは人気や個性の世界なのだろう。
元『週刊ゴング』編集長・竹内宏介さんが亡くなったそうだ。以前から病床にあるとは聞いていたが、それにしても残念である。昭和プロレス、また遠くなりけり。
コロンピア大学の研究では、睡眠時間が7〜9時間の人に比べて、より少ない5時間の人は肥満率が50パーセント高くなり、さらに下がる4時間以下の人は73パーセントも高いという。睡眠不足が糖をためるホルモンの過剰に分泌されるのだという。睡眠不足は気をつけよう。
というのが昨今の話だが、何か思いつくままに書いてしまい、イマイチまとまりがないようだ。
70年代、80年代のホームコメディーを演じ続けた石立鉄男の代表作は何か、というのが同じ石立ファンの間で議論になった。「おひかえあそばせ」「気になる嫁さん」「パパと呼ばないで」「雑居時代」「水もれ甲介」「気まぐれ天使」「気まぐれ本格派」……。石立本人は「水もれ甲介」らしい。「雑居時代」は一部のマニアが熱心だ。オーソドックスには「パパと呼ばないで」なのだろうが、ここはひとつ神楽坂の貸衣装店を舞台にした「気まぐれ本格派」といきたい。
それはまあ、いろいろな意見があるだろうが、私のようなささいな悩みというのは、誰でも一つや二つもっているのではないだろうか。
「死ぬ気でやれよ、死なないから」杉村太郎(実業家)。絶妙ですよ、絶妙すぎます。
草野直樹氏は「暦・占い・おまじない」(かもがわ出版)という本で、姓名判断など多数の占いの奇妙さを指摘している。何しろ草野直樹氏自身が、芸能人などの信頼が厚いある有名な占い師に占ってもらったところ、結婚歴や仕事など客観的に全くはずれていたと暴露している。その占い師とは誰か。それは書籍を読んでのお楽しみだ。では今日はこのへんで。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


東京電機大学 という言葉がトレンド

どうも。タイトルとは関係ない話になるかもしれませんが、今日もよろしく。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年は投票がインターネットなどで3月15日まで行われ、13万1380票が寄せられた。具体的な入選作については、第一生命の公式サイトで見ることができる。
いまだに島田紳助引退が話題になるが、マスコミはたった一人の芸人が引退するだけなのに、発表当時は天地がひっくり返った様な大騒ぎ、そういう姿勢も偏向報道のひとつではないのだろうか。それでいて、芸能界と暴力団の関係についてきちんと論じたマスコミは皆無だった。うわべだけ騒いだだけだったのである。
チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るという説があるが、あれは迷信なんです。知ってました?
今日は焼きめしを食べた。焦げと醤油の余韻がいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
みなさんは牛乳派ですか、豆乳派ですか。最近は牛乳忌避論が流行している。日本人は牛乳が合わない、牛乳は牛のためのものだ、動物性タンパクよりも植物性がいいのだ等々。でも、今やほとんどの世代が牛乳で育ってきたし、牛乳の方が飲みやすいことも確かだ。牛乳か豆乳か、意外と深い課題である。

たった一人で見た夢が、百万人の現実を変えることもある(マヤ・アンジェロウ 米:詩人)。そういうものかもしれない。
こうと思ったらすぐに実行しましょう。悩むのは時間の損です。し損じるとあとで後悔することになりますよ。根性を出して、出会いと実行に集中することです。今頑張っておけば、絶対にいい方向につながってきます。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


京急 、うーむ、考えさせられる

森林浴の季節ですね。なんかいいですよね。でも、そこに行くまでがね。電車の乗り継ぎとか、車の渋滞とかね。まあ、家族サービスですよ。ということで、今日もいってみましょう。
「三丁目の夕日」という映画がテレビで放送されていたが、冒頭のシーンで、子どもがひざまで隠れる半ズボンをはいていたので興ざめ。当時の子どもの半ズボンは足が全部出ていてもっと汚い格好だった。そんなに遠い昔ではないのだから時代考証はちゃんとしてほしい。
橋下徹氏が首相公選制を主張しているが、本当にそれでいいのだろうか。有権者は政治家たちの何を知って、どんな政策に期待しているのか旗幟鮮明だろうか。結局、メディアで目だった者を選んで、あとで「政治不信」に陥るだけではないだろうか。制度変更など「目新しさ」よりも前に、今、すべきことを政治家も有権者も粛々となすべきではないだろうか。
(独)国立健康・栄養研究所内情報センター健康食品情報プロジェクトは、「カテキンを含む緑茶として飲用した条件では、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮頸がん、胃がん、卵巣がんなどのリスクの低減に対して、有効性が示唆されている」と書かれている。要するに、緑茶(カテキン)ががんの予防に有効といえるかもしれない、という話だ。だが、一方で飲みすぎの問題点も書かれている。要は、なんでも一面だけみないでほどほどに、ということである。
今日は付き合いでステーキを食べた。セレブになった気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
今度出るWindows8は全部で9種類あり、Windows7より3種類多くなったといわれている。用途に応じてということなのだろうが、できれば多くの機能があった方が、と思ってしまう。私が思うに、WindowsXPはNT系と98系が1本化されただけに、一定の完成度を持っている。だから私は、Windowsは何が一番かといわれればWindowsXPを選ぶだろう。あなただったらどうかな。
いやいや、この点についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
人並みの人間が、人並みの働きで終わっておれば、人並みの事しか出来ない(鈴木三郎助)。別の読み方をすれば、その人の力量に応じた成果は、真面目に生きていれば創出できる、だから身の丈を考えない無謀な(余計な)ことはするな、ということだ。人生、つい道草を食いたくなるときがあるが、そのときにはこの言葉を思い出そう。
あまり、俺が俺がと出過ぎない方がいいでしょう。とにかく聞き役に徹することです。ものは考えよう。人が時間をかけて学んだことを数分で手に入れるチャンスなのです。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


芸能事件録 、急上昇キーワードらしいね

福寿草。元日草ともいいますね。Amur adonis。花言葉は幸福。何をもって幸福かというのは価値観にもよりますが、幸福か不幸か、どちらがいいかといわれれば幸福と答えるでしょう。では、今日も始めます。
「はえぬき」という米の銘柄があるが、その意味をご存知だろうか。その土地に生まれ育った生っ粋の人を「はえぬき」というが、その意味がそのまま米の「はえぬき」に使われたのだ。豊かな自然の土地で生まれ育ったということである。
ゴールデンカップスのマモル・マヌー氏が夕刊紙のインタビューに登場。寝たっきりの母親を2年以上介護して、仕事は出来ない、自分もうつ病になったと暗く語っていた。親が健在の中年なら、他人事とは思えないのでは?
さて、クアトロ検査は、妊婦の採血によって胎児の染色体異常の「確率」をみる検査である。採血だから侵襲性はほとんどないが「確率」しかわからない。一方、羊水検査という文字通り妊婦の腹に針を刺して羊水を抜き取り、胎児が染色体異常かどうかを「診断」する検査がある。診断だからどちらかがはっきりするが、侵襲性は大きく流産の可能性もある。一長一短ある2つの検査のために、クアトロ検査に留めるか、クアトロ検査の結果次第で羊水検査も行うか、最初から羊水検査を行うか、妊婦は悩むわけだ。どちらも一長一短あるあるという点で、世の中のあらゆる選択を象徴していないだろうか。
今日は牛丼を食べた。久しぶりで気持ちいいから、この調子で後半戦も進めたい。
ここのところマイブームなのが、食後のアイス。ショートニングと砂糖が健康にどうこうという向きもあるが、ちょっと食べたくなることがある。その際、どちらを食べようか迷うのがコーン型のアイスかカップ型のアイスか。どちらも食べたいが、どちらも食べてたらメタボになるしね。選ぶとすれば?ワインと同じで、食事にあわせた選択を考えよう。
この間、得意先の人と雑談をしたら同じようなことを考えていたので、お互い大笑いしてしまった。人間なんてそんなものである。
現在というのが、どうしてこうも面白くないものか。早く未来からこの毎日毎日を眺めることにしたいものだ。せめて僕は汚辱を作っておいたほうがいいと思うくらいなんだ。ところが、それが何であるか、何が汚辱であるかが、分かりゃしないんだな(小島信夫)。世の中、すべてがわかって人生のすべてを見通せるわけではない。へぼ将棋と同じで、その都度もがきながら頑張るしかないのだ。
人から受ける好意に対して慎重になりすぎてませんか。まあ、いろいろな意味はあるかもしれないけど、とりあえず受けておきましょうよ。あまり考えすぎると疲れるし、それで相手に嫌われてもいけませんからね。ということでまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


戦後史の激動 、そういうことだったのだ

ええ、タイトルの件、ネットではかなりの話題になっていますね。でもまずは違う話題から入りますよ。
芸能界は島田紳助が突然の引退で騒然となった。暴力団との交際が原因で番組やCM等すべての仕事を降りたために、スポンサーから合計で何億、もしくは何十億の違約金を取られるのではないかと芸能マスコミで取りざたされている。実際に違約金は取られたのだろうか。いろいろ報じたマスコミだが、そういう肝心なことは報じていない。
今、昔の番組を見たいという人がいるが、昭和プロレスも特撮ドラマも、ビデオがない時代だからよかったのだ。記録できないから真剣勝負で必死に見る。今なんか録画したのを繰り返し再生できるんでそこまで作品にくっつかないから距離を置いた批評になる。客観的なんだけど熱くない。
しじみ汁を食べると肝臓にいいと言う。あれは嘘ではないが、効果としては弱い。それはそうだ。食べ物で健康が簡単に変わったら、逆に刺激や毒のあるものを食べたらその都度健康を害すことになる。あ、お湯が沸いている。ポットに入れてから次の話題に移ろう……あ、お待たせ(笑)。では次の話題に行きます。
さて、入ったスーパーの棚に、カップヌードルとスープヌードルがあった、値段は40円違う。あなたならどちらをとめか。充足感ならカップヌードルだろう。値段ならスープヌードルだろう。私はあえて、カップヌードを選ぶ。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
「行蔵は我に存す毀誉は他人の主張我に与らず、我に関せずと存候」勝海舟(江戸時代末期の幕臣)。自分の出処進退は自分が決める。他人の評価など知ったことか、という意味ですね。まったくその通りなのですが、最近はそれを悪い意味での居直りに使う政治家も少なくないですね。
あ〜、これで一応書き終わりましたが、今日はいまいちだったかもしれませんな。いやあ、自分が書けばそれで満足とは思っていません。イタイ私でも撤収時ぐらいはわかっておりますからね。今日はこのへんで、また次回までごきげんよう。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


オールスター 3打席連続本塁打 が気になって仕 方ない

いい時節になりしたね、では今日もいってみましょう。
ギリシャ人は、食事で魚の油やオリーブ油など不飽和脂肪酸をよく摂取するので、加齢黄斑変性という高齢者がかかりやすい目の病気になる確率が少ないそうだ。それを満たすにはオリーブ油ティースプーン7杯分が必要とか。魚、刺身、魚肉ソーセージなども積極的に摂ろう。
5年近くにわたって大学院生の女子にセクハラ行為をしたとして、40代の男性准教授を諭旨解雇処分にしたというニュースがあった。いまどき、素人でも玄人でも、いくらでも遊ぶ相手はいるだろうに、どうしてそんな見合わないことをしたのだろうか。いや、本来犯罪や事件というのはまっとうに考えれば見合わないものである。それでもやってしまう。そこに人間の弱さがあるのではないだろうか。
芸能人の妊娠・出産報道の一方で、野田聖子議員の高齢出産で生まれた子どもが障害や病気であることを根拠に、高齢出産バッシングともいえる報道もある。出産に限らず、人間の体は年とともに衰えるので一般的に肉体に「適齢期」はある。ただ、それは個人差があるし、もとより子どもを生むかどうかは当事者の価値観によって回答は異なるので、周囲で勝手に決め付けるものではない。
あ、お湯が沸いている。ポットに入れてから次の話題に移ろう……あ、お待たせ(笑)。では次の話題に行きます。
最近、ラーメンがマイブームになっている、油そばとか、今までにないものもいろいろ食しているのだが、正直なところ、やはりオーソドックスな醤油、もしくはミソラーメンがいちばんと思ってしまう。みなさんは何ラーメン派ですか。

人並みの人間が、人並みの働きで終わっておれば、人並みの事しか出来ない(鈴木三郎助)。別の読み方をすれば、その人の力量に応じた成果は、真面目に生きていれば創出できる、だから身の丈を考えない無謀な(余計な)ことはするな、ということだ。人生、つい道草を食いたくなるときがあるが、そのときにはこの言葉を思い出そう。
合縁奇縁(あいえんきえん)という言葉をご存じだろうか。人と人の気が合うのも、合わないのも全て不思議な縁によるものだということ。科学的ではないが、ひとつの真理かもしれない。数字も大切だが、科学がすべてでもない。人との関わりを大切にしましょう。ではごきげんよう。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED