まんきち三杯の日記

三杯目もそっと出さないまんきちの論考サイトです

まんきち三杯の日記へようこそ

まんきち三杯の日記は、関連するまとめ情報提供を目的としたサイトです。三杯目も遠慮することなく論考し続けます。おなかいっぱいなんていわないでね。

最新ニュース一覧

ダルビッシュ 物議 をここで論証するか?

あー、まいど。毎日よく書くことがありますね、なんていわれますが、まあ、そのへんはね。ふふふ。では、今日もいってみましょう。
温泉ライターといえば山田べに子が有名だが、元は食ライターだった、いたばしゆみこ、も別の意味で注目されている。震災が転機になり、カウンターだけの小さな小料理屋を開いたのだ。有名雑誌に食関係を寄稿していた前職を生かして、日本酒を常時20種類ほどそろえる店を構えた。詳しくはググろう。
木村拓哉がスピード違反を2度犯して免停になってしまったそうだが、それ以外にもまずいことがあった。トヨタのCMに18年も出ておきながら、表ざたになった事件のときに乗っていた車がトヨタではなかったのだ。ああ、これでCM降板もやむなしか……。
新しい男性像登場。カフェオレ様だって。ぷっ。オシャレ好き、スイーツが好きで居酒屋よりカフェが好きだけど女性には強気でオレ様キャラでグイグイ引っ張る男子というんだけどね。

今度出るWindows8は全部で9種類あり、Windows7より3種類多くなったといわれている。用途に応じてということなのだろうが、できれば多くの機能があった方が、と思ってしまう。私が思うに、WindowsXPはNT系と98系が1本化されただけに、一定の完成度を持っている。だから私は、Windowsは何が一番かといわれればWindowsXPを選ぶだろう。あなただったらどうかな。
まあ、この選択についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
「死ぬ気でやれよ、死なないから」杉村太郎(実業家)。絶妙ですよ、絶妙すぎます。
あなたは、いわゆる成功者になりたいですか。でもね、成功する人の条件は、いい意味での欲望の強さがなげればだめですよ。そのためだったら他人をけ落としても平気な人。人間的にいい人と、仕事ができる人はイコールではないんでしょうな。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


おひかえあそばせ を思ってみたが……

タイトルとは関係ないけど、この話から始める。ちょっとお読みいただきたい。
斉藤愛璃という22歳の女子プロゴルファーが、ダイキンオーキッドレディースで初優勝して脚光を浴びている。韓国勢の開幕戦3連勝をルーキーが阻止したことで、ここでも嫌韓流人気というわけだ。高校時代にすでにナショナルチームに入っていたが、プロテストには2度失敗している斉藤愛璃。挫折せずに頑張ることがこのたびの栄光につながった。諦めないことが大切だ。
全席を「シルバーシート」にした横浜市営地下鉄が、今度は「最優先席」(仮称)を導入することになったという。「本当に席が必要な人に対して、席を譲ってもらえていない」という理由らしいが、屋上屋になっていないだろうか。それでも譲る人がいなかったら、超最優先席になったりして(笑)
コロンピア大学の研究では、睡眠時間が7〜9時間の人に比べて、より少ない5時間の人は肥満率が50パーセント高くなり、さらに下がる4時間以下の人は73パーセントも高いという。睡眠不足が糖をためるホルモンの過剰に分泌されるのだという。睡眠不足は気をつけよう。
今日はシュウマイ定食を食べた。シュウマイの余韻がいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
日本テレビの青春学園ドラマの中で何が一番好きか、というのがオールドタイマーの間で議論になった。「青春とはなんだ」「これが青春だ」「でっかい青春」「進め青春」「炎の青春」「飛び出せ!青春」「われら青春」……。一般には「飛び出せ!青春」が最高傑作で、「青春とはなんだ」にもパイオニア的な評価が与えられている。たしかに「飛び出せ!青春」は面白かった。ただ、青春学園ドラマは、結局自分の世代と一致している作品が一番の名作なのではないだろうか。
そう、今回の話題はつまらなかったかな。しかし、それは見方によっては非常に重大な分水嶺になっているのだ、ということだけはわかってほしい。
「猛練習というと、普通、ヘトヘトになるまでの練習ですよね。でもボクらの猛練習というのは、ヘトヘトになってから始まるんですよ」ジャイアント馬場(昭和のプロレスラー)。力道山時代の猛練習は平成の入門者にできないと馬場さんは言ってましたね。
どうでもいいけど、facebookって書くのも見るのも苦手です。朝は、みんなそろって「きれいな景色」の写真。昼は、どこで食べてんだかわかんないような「ランチ」の写真。夜は、交流会だかなんだかわからないけど、とにかく「飲み会」の写真。「いいね!」がつかないと不安になるから、動物か子供か食事の写真でお茶を濁す。なんのためにこれやってるのって感じです。みなさんはいかがてすか。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


ハロウィン 、何とか知りたい

いい時節になりしたね、では今日もいってみましょう。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年はドラマ「家政婦のミタ」のセリフと絡めた「妻が言う 『承知しました』 聞いてみたい」なる句が3位になったという。そういえば、ある方面の雑誌では「家政婦はした」というフレーズもあった。もちろん「した」というのはカタカナだ。ドヒャーッ!
野田佳彦首相と谷垣禎一総裁の「極秘」会談がバレてしまった。これによって「話し合い解散」が難しくなったという説もあるが、ではいったい誰がばらしたのか。野田総理の側近といわれている。実は味方と思っている人が裏切る。これは日常の人間関係にありがちな話だ。
2006年の「クボタショック」。すなわちアスベストは大変なパニックになったが、今もストは既存の建築物などでまだ残っている。そこで、それによる人々の不安に付け込むビジネスがまかり通ることになる。たとえば水道の浄水器業者だ。水道管からアスベストが溶け出して危ない、だからウチの浄水器を買えという論法だ。だが、アスベストは吸い込む危険は言われても、飲む危険は言われていない。水道管もほとんどがノンアスに切り替えられている。何より、その浄水器がアスベストを完璧に取れるかどうかも怪しい。困った悪徳商法である。
今日はファーストフードを食べた。金が浮いていい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
東映やくざ映画の主演スターといえば、鶴田浩二、高倉健、菅原文太、松方弘樹という流れになっているが、そのまま実録ヤクザ映画シリーズが続いていたら、次の主演スターは誰だっただろうか?私は案外、渡瀬恒彦ではないかと思っている。
そう、今回の話題はつまらなかったかな。しかし、それは見方によっては非常に重大な分水嶺になっているのだ、ということだけはわかってほしい。
「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。」アラン・ケイ(計算機科学者)。ま、そらそすですな。でも周囲の状況は自分では作れませんからね。そこで自分の計画通りにはいかなくなる。そこがむずかしいんじゃありませんか。
連休で気持ちが浮かれてしまい、普段より金銭感覚が大胆になるかもしれませんね。でもカード決済の衝動買いには注意が必要。。引き落とされるときの通知で、「え、こんなに使ってたんだ」とびっくりすることがあるかもしれませんよ。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


ダルビッシュ 物議 が書けるのはいつになるか な

アドマイヤバラードが話題です。連休中はアドマイヤバラードがキーワード急上昇率第1位にも踊りでましたしね。競馬は国民の文化なのかなあ。ということで、今日もアドマイヤバラードに関係なくいってみます。
「スマートフォン 妻と同じで 操れず」。これなんだかわかりますか。第一生命保険が募ったサラリーマン川柳コンクールの人気ベスト10のひとつ(4位)である。急速に普及したスマホをうまく操作できないもどかしさを夫婦関係になぞらえたわけだ。
東京スカイツリーといえば、世界一高い自立式電波塔(634メートル)。今まで何度もマスコミで取り上げられてきたが、いよいよ完成した。墨田区では、平成17年に23万人台だった人口を10年間で25万人に増やそうという目標があったそうだが、なんとそれはわずか5年で達成されたという。うーむ、名物だからとって転居までするもんだろうか。
最近は「名医」「専門医」といった肩書きを誇ったり、そうした医師や病院の情報を集めたムックや書籍などが発売されているが、それらは事実上、医師の自己申告によるものだから、評価の対象にするのはあまり意味がないという。経験が豊富で、かかりつけ医が推薦する医師を頼るほうがずっと理にかなっている。
あれ、ビミョーに言いたかったことと違う方向に来ている。では気分を新たに別の話題に。
昭和プロレスというのはミステリアスな世界である。後になってから「このときはこうだった」的な話が出てくるが、それだって正しいかどうかなんて全くわからない。そこで、そうした歴史をひととおり最大公約数程度のことでいいので正しく並べている参考書を探している。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
「ムフォアーはムフォアーとメフォアーとピフォアーの3人家族です。生涯出産1.2人といわれる時代の核家族を21世紀の類型とするのなら、ムフォアー一族こそが私たちの象徴なのです」草野直樹(ムフォアー族・作者)。ムフォアー族は奥が深い。ムフォアーッ!
あなたは、いわゆる成功者になりたいですか。でもね、成功する人の条件は、いい意味での欲望の強さがなげればだめですよ。そのためだったら他人をけ落としても平気な人。人間的にいい人と、仕事ができる人はイコールではないんでしょうな。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


加藤貴子 について書きたいね

暴力団排除条例施行後に、のっけからこんな話はどうかと思うが、「実話ドキュメント」という雑誌の、ももなり高氏の漫画が面白すぎだ。今は新連載が始まった。みなさんも関心があれば一読をお勧めしたい。ということで今日もいってみよう。
有名なラーメン店「天下一品」の店員に聞いた人気の「料理ランキングベスト5」(ロケットニュース24)によると、1位はらーめんそのものではなく、こってりラーメンと半チャーハンがセットになった「チャーハン定食」という。どんなに濃厚なラーメンでも、ご飯をつけないと、胃袋が落ち着かないのかな。
電通が、東日本大震災について意識変化の調査結果を発表した。震災関連の記憶・教訓については半数強の50.2%が「風化してきている、生かせていない」と回答したという。「のどもと過ぎれば」とでもいうべき人間の記憶のはかなさか。だが、悲しみを風化させられるから生きていけるともいえるのだ。
(独)国立健康・栄養研究所内情報センター健康食品情報プロジェクトは、「カテキンを含む緑茶として飲用した条件では、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮頸がん、胃がん、卵巣がんなどのリスクの低減に対して、有効性が示唆されている」と書かれている。要するに、緑茶(カテキン)ががんの予防に有効といえるかもしれない、という話だ。だが、一方で飲みすぎの問題点も書かれている。要は、なんでも一面だけみないでほどほどに、ということである。
ん?今日はもう少しいけそうかな。よし、もう少しいってみよう。
タイトルとはかけ離れて恐縮だが、あなたは「ゆうひが丘の総理大臣」派か、それとも「三年B組金八先生」派か、どちらだろうか。あ、どちらも知らない(笑)。そりゃそうだ。どちらも70年代のドラマだから。いや、要するに中村雅俊派か、武田鉄矢派か、という話なのだ。
まあ、この選択についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
「スターというのはみんなの期待に応える存在。でもスーパースターの条件は、その期待を超えること」長嶋茂雄(元プロ野球選手、元巨人軍監督)。長嶋茂雄さんは、隠れて練習をしていたらしいですね。
保険の本はいろいろありますが、具体的に商品を論評しているものはないのですね。これは、保険募集をしている人は具体的な商品比較をしてはいけないという決まりがあるからです。それだけに、草野直樹氏が書いた「生命保険のウソ?ホント」(九天社)は貴重。保険商品の内容について解説しているからです。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


スケプティクス! 、ネットで話題沸騰!

福寿草。元日草ともいいますね。Amur adonis。花言葉は幸福。何をもって幸福かというのは価値観にもよりますが、幸福か不幸か、どちらがいいかといわれれば幸福と答えるでしょう。では、今日も始めます。
ギリシャ人は、食事で魚の油やオリーブ油など不飽和脂肪酸をよく摂取するので、加齢黄斑変性という高齢者がかかりやすい目の病気になる確率が少ないそうだ。それを満たすにはオリーブ油ティースプーン7杯分が必要とか。魚、刺身、魚肉ソーセージなども積極的に摂ろう。
ET-KINGのTENNが上原多香子と結婚するという。たが、上原多香子といえば赤西仁との交際を思い出してしまう。上原多香子が赤西仁にゾッコンだったが、赤西仁も上原多香子のことを『ラクダ』というあだ名で呼んでいたというが、両方の事務所が反対。赤西仁は「留学」してしまった。赤西仁の今回の黒木メイサとの突然婚には、こうした伏線があったのだ。
なんだか、相変わらずマスコミはオセロ・中島知子の問題に熱心だが、「奪還」とか勇ましく報じているがどこまで本気なんだか。ニュースバリューがあるから報じているだけだろう。そもそも、そんなに騒いだら本人はますますかたくなになるだろう。オセロ中島の洗脳よりも、原子力や原子力村、国の嘘に洗脳されてる人達の洗脳を解いてほしいものだ。
あ、カップヌードルが3分たったので、続きは食べてからにしよう。みなさんもいったん休憩を……。(3分後)3分待って3分で食べてきました(笑)。ということで、次の話題です。
みなさんは牛乳派ですか、豆乳派ですか。最近は牛乳忌避論が流行している。日本人は牛乳が合わない、牛乳は牛のためのものだ、動物性タンパクよりも植物性がいいのだ等々。でも、今やほとんどの世代が牛乳で育ってきたし、牛乳の方が飲みやすいことも確かだ。牛乳か豆乳か、意外と深い課題である。
いや、この話題って意外と人前で話すとノッてくるのだ。それだけに、こっちも話題提供者としていいかげんなことは言えないから、ちゃんと答えを用意しておかなければならない。いろいろ大変ですよ。
「不可能は小心者の幻影であり、権力者の無能の証であり、卑怯者の逃避所である。我輩の辞書に不可能という文字はない」ナポレオン・ボナパルト(フランスの軍人・政治家)。有名な一言ですが、マジレスすれば、それはつきつめると不老不死であるはずだと思うのですが……。
赤ちゃんが生まれると、名前に悩む。いい名前を考えるのは親として当然だが、ではその「いい名前」とはなんだろうか。思いついた名前だから軽々しいとは思わない。大切なのは命名よりもその後の子育てだ。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


プリンセス天功 収入源 が気になっているあなた へ

いい時節になりしたね、では今日もいってみましょう。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年の2位には、年齢に関係なく元気な日本女性の姿を反映。「女子会と 聴いて覗けば 六十代」が選ばれた。そういえば比較的高い年齢の女性の映像が最近市場を形成している。え、なんの映像かって?それを書いてしまうと、このブログを削除されてしまうのでご想像にお任せしたい。ぬはは。
橋下徹氏が首相公選制を主張しているが、本当にそれでいいのだろうか。有権者は政治家たちの何を知って、どんな政策に期待しているのか旗幟鮮明だろうか。結局、メディアで目だった者を選んで、あとで「政治不信」に陥るだけではないだろうか。制度変更など「目新しさ」よりも前に、今、すべきことを政治家も有権者も粛々となすべきではないだろうか。
海草類を食べると髪の毛にいいという説があるが、あれは全く俗説だ。ただ、栄養源にはなるかもしれないが。
だからそれがどーしたって、自己突込みしても仕方ないか。気を取り直して今日の本題にいこう。
70年代、80年代のホームコメディーを演じ続けた石立鉄男の代表作は何か、というのが同じ石立ファンの間で議論になった。「おひかえあそばせ」「気になる嫁さん」「パパと呼ばないで」「雑居時代」「水もれ甲介」「気まぐれ天使」「気まぐれ本格派」……。石立本人は「水もれ甲介」らしい。「雑居時代」は一部のマニアが熱心だ。オーソドックスには「パパと呼ばないで」なのだろうが、ここはひとつ神楽坂の貸衣装店を舞台にした「気まぐれ本格派」といきたい。
まあ、この選択についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
何もしなかったら、何も起こらない。(ウィリアム・シェークスピア)。とにかく何かやってみることだろう。太陽学園高校の河野先生も「レッツ、ビギン」って言ってたし。
草野直樹氏は「平成の芸能裁判大全」という本で、「噂の真相」の編集長だった岡留安則氏をインタビューしている。「噂の真相」は後にも先にも、唯一のスキャンダルジャーナリズムといっていいだろう。それが休刊になった現代は寂しい。ではごきげんよう。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


かぼ茶 とは関係ないことを書きます(笑)

「ジャニーズ目抜き通り」っていうブログをご存じですか。ジャニーズについてかなり詳しいです。かなり見所はあると思いますよ。興味のある方はググッてみてはいかがですか。では、今日もいってみましょう。
温泉ライターといえば山田べに子が有名だが、元は食ライターだった、いたばしゆみこ、も別の意味で注目されている。震災が転機になり、カウンターだけの小さな小料理屋を開いたのだ。有名雑誌に食関係を寄稿していた前職を生かして、日本酒を常時20種類ほどそろえる店を構えた。詳しくはググろう。
最近、一部の大学が検討している秋入学移行に備え、官民の新卒採用の見直しを検討するという。そうなると、当然中小企業もそれに従うことになる。となると、結局新学期自体が秋に1本化されてしまうのではないだろうか。桜の花が咲くころ、新しい服を着て新学期を迎えるというのが日本の文化なのに、木枯らしの吹く入社式や入学式というのはちょっと嫌だな。
芸能人の妊娠・出産報道の一方で、野田聖子議員の高齢出産で生まれた子どもが障害や病気であることを根拠に、高齢出産バッシングともいえる報道もある。出産に限らず、人間の体は年とともに衰えるので一般的に肉体に「適齢期」はある。ただ、それは個人差があるし、もとより子どもを生むかどうかは当事者の価値観によって回答は異なるので、周囲で勝手に決め付けるものではない。
ありゃりゃ、なんとも話がずれまくりだ。ちょっと切り替えて次に行こう。
プロレスライターのターザン山本氏がこう言っている。風車は風が吹かないと無用の長物になってしまうのだ。それが風車の理論の本当の答えさ。「答え」ではなくて「意味」なんだが、それはおいといて、要するにプロレスの「受け」は攻める人がいて成り立つのだ。
野暮な質問をしてしまったかもしれない。しかし、人間なんてたいていは、そんな些細な選択から人生の明暗を分けるものなのだ。
「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。」アラン・ケイ(計算機科学者)。ま、そらそすですな。でも周囲の状況は自分では作れませんからね。そこで自分の計画通りにはいかなくなる。そこがむずかしいんじゃありませんか。
仕事や学業の成績が思わしくないのは、慎重になり過ぎて安全運転のしすぎなのです。可能性が低くてもチャレンジしたり、苦手な試験は思い切ってヤマをはるのもひとつの方策。がんばりましょう。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


ツーリングワゴン 廃止 、ネットを席捲 中!

「はえぬき」という米の銘柄があるが、その意味をご存知だろうか。その土地に生まれ育った生っ粋の人を「はえぬき」というが、その意味がそのまま米の「はえぬき」に使われたのだ。豊かな自然の土地で生まれ育ったということである。
松田聖子が紅白歌合戦に出演したが、80年代のようにヒットチャートの1位にランクしているわけではない。90年代のように、これでもか、これでもかとスキャンダルを発生し続けているわけでもない。タレント・松田聖子のナチュラルな価値が評価されている点が意義深かった。でも、娘まで抱き合わせで出演させたのは少しずうずうしく感じられた。
明治安田生命保険が新卒対象にアンケート調査を行ったところ、就職先に選んだ理由は、「仕事のやりがい」「会社の安定性」「勤務地」といった定番は上位にあるものの「役職には興味がない」という回答も多かったそうだ。わずかな手当で責任をおうのはごめんということか。合理主義だね、これも。
ありゃりゃ、なんとも話がずれまくりだ。ちょっと切り替えて次に行こう。
今から書くことは、かなりきわどい質問かもしれない。あなたは、「たぬきそば」と「たぬきうどん」のどちら派だろうか。いきなり個人的な意見に入るが、私はたぬきうどん派である。そばは「天ぷら」、つまり「天ぷらそば」であり、うどんは「天かす」、すなわち「たぬきうどん」と考えてしまう。では「きつね」は?「わかめ」は?それらについても私なりの考えはまとまっているが、それは今回はいいだろう。いずれにしても、日本そばは奥が深い。
この間、得意先の人と雑談をしたら同じようなことを考えていたので、お互い大笑いしてしまった。人間なんてそんなものである。
人生はB級映画に似ている。途中で見るのを止めようとは思わないが、二度と見ようとは思わない(テッド・ターナー)。私はむしろ逆である。だから、後になって二度見たいと思わないよう、結局は今頑張るしかないと思っている。
草野直樹氏は「Windows XP/Me 再インストール&バックアップ」(技術評論社)という本で、従来のパソコン本のようなたんなる手順書ではなく「なぜ再インストールが必要か」という理念にも重きを置き、第1章はそうした説明を中心に書かれたが、以後、図解パソコン本市場自体が縮小していった。ある意味、パソコン本の画期となった書かもしれない。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


パルモア病院 、何とか知りたい

今日もよろしくど〜ぞ。
「三丁目の夕日」という映画がテレビで放送されていたが、冒頭のシーンで、子どもがひざまで隠れる半ズボンをはいていたので興ざめ。当時の子どもの半ズボンは足が全部出ていてもっと汚い格好だった。そんなに遠い昔ではないのだから時代考証はちゃんとしてほしい。
元『週刊ゴング』編集長・竹内宏介さんが亡くなったそうだ。以前から病床にあるとは聞いていたが、それにしても残念である。昭和プロレス、また遠くなりけり。
米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の電子版は、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの世界最大手・米フェイスブックが、今月18日にも新規株式公開(IPO)をする見通しだと報じた。そこまで大きくなったのかという感じだ。
いろいろ考えはあるだろうが、以上のような意見もあるということ。ちょっと脈絡にかけるかな。
さて、あなたの今度の食事はなんだ。カレーか、かつどんか、定食か。それとも麺類か。いや、別に指図するつもりはないが、野菜をなるべくなら食べたほうがいいと思う。
そんなばかな、と思うかな。それはわかる。わかるけれども、言論は自由だ。極論から真実が発見できることもあるし、そのあたりは尊重していただきたい。
40歳を過ぎた人間は、誰でも自分の顔に責任を持たねばならない(リンカーン)。うーん、責任もってるかなあ。
草野直樹氏は「血液型性格判断の虚実」(かもがわ出版)という本で、血液型と性格を結びつける面妖な考え方を喝破している。スポーツ選手や芸能人などの統計にも実際に反証している。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


黒子のバスケ について書くのはやめた(笑)

どうも。タイトルとは関係ない話になるかもしれませんが、今日もよろしく。
その昔、スーパーマーケットは、「安かろう、悪かろう」などと言われた。しかし、組織として生鮮食材を扱う設備技術やノウハウを蓄積したことで、安くて新鮮で多様な食材や加工品を並べるようになった。そのことで専門小売店はその存在価値を問われ、大店法など時代の流れで逆に淘汰されてしまった。そのうち、「八百屋」や「魚屋」という言葉自体が死語になってしまうかもしれない。
平野博文復興相は、福島県双葉町の井戸川克隆町長と会談。東京電力福島第一原子力発電所周辺の土地の国有化を打診したという。はやくなんとかしなければならない。
さて、クアトロ検査は、妊婦の採血によって胎児の染色体異常の「確率」をみる検査である。採血だから侵襲性はほとんどないが「確率」しかわからない。一方、羊水検査という文字通り妊婦の腹に針を刺して羊水を抜き取り、胎児が染色体異常かどうかを「診断」する検査がある。診断だからどちらかがはっきりするが、侵襲性は大きく流産の可能性もある。一長一短ある2つの検査のために、クアトロ検査に留めるか、クアトロ検査の結果次第で羊水検査も行うか、最初から羊水検査を行うか、妊婦は悩むわけだ。どちらも一長一短あるあるという点で、世の中のあらゆる選択を象徴していないだろうか。
今日はすしを食べた。ぜいたくな気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
健康のために朝食は摂れといわれてきたが、ときには逆に朝食を摂らないほうがいいという説を唱える人もいる。では、いったいどちらがいいのか。やっぱり摂ったほうがいい。栄養学的なことはわからないが、脳は糖分をほしがっているし、噛むことで目も覚めるというものだ。みなさん、朝食は摂りましょう。
この間、得意先の人と雑談をしたら同じようなことを考えていたので、お互い大笑いしてしまった。人間なんてそんなものである。
「ムフォアーはムフォアーとメフォアーとピフォアーの3人家族です。生涯出産1.2人といわれる時代の核家族を21世紀の類型とするのなら、ムフォアー一族こそが私たちの象徴なのです」草野直樹(ムフォアー族・作者)。ムフォアー族は奥が深い。ムフォアーッ!
ほうほう。気分転換をしたかったからこのサイトに来たのに、記事がつまらなくて気分転換できなかったと。すんませんね、つまんなくて。ほっとけって(笑)。別の気分転換を見つけてくださいよ。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


ワールドシリーズ MVP のことは措いといて……

今日もよろしくど〜ぞ。
ファンタジスタさくらだ(あやまんJAPAN)の熱愛発覚が話題になった。27歳で、慶應義塾大学環境情報学部を卒業後の2年間は生命保険会社の営業として働いていた。エロかわいいキャラで今回の熱愛発覚は「私も立派なヤリマンに育ちました」とブログで咆哮しているのだが、女性が大学を出て社会人の経験を経て芸人になるというのは、ずいぶん世の中の価値観は変わったのだと思う。
98億円の減収で都民の水道水離れ深刻だ。昨年は原発のことがあったからだろう。本来ミネラルウォーターは水道水より基準が甘いので、安全という点では水道水のはずだか、今はマンションも多くなり、「おいしい水」は市場として今後も大きくなるのだろう。
ペットブームだからなのか、最近はペット同伴も可能なカフェやレストランが増えてきた。しかし、こうした店はどういう手続きをとっているのだろうか。どうやら、都道府県に対して、通常の飲食店よりも少しだけ厳しい基準で大丈夫らしい。店内は仕方ないとしても、たとえば残飯などから人獣共通の感染症などが広がらないようにしてほしいものだ。
今日はカツ丼を食べた。何となくいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
ドラマの論争に、前作とリメイクではどちらがよかったか、という論争がある。たとえば、「白い巨塔」は田宮二郎版か唐沢寿明版か、という議論だ。だが、こういう議論は価値観の問題に尽きるから答えが出ない。そして、答えが出ないことをわかっているから、エンドレスで議論が出来ることが楽しいのだ。でもやっぱり、どっちか、という答えも気になる。あなたはどちらだろうか。私は田宮二郎派なのだが……。

「遠くへ放ち、さらにその先を想う」室伏広治(日本の男子ハンマー投選手)。うーむ、室伏広治選手というのはスポーツ選手かと思ったら詩人でもあるのですね。日本を背負って競技に参加するというのは大変です。
小沢一郎氏には毀誉褒貶がつきまとう。しかし、いずれにしても政権交代の立役者であることは間違いないだろう。その小沢一郎氏が「民主党は初心に返れ」といっている。草野直樹氏は、平野貞夫氏をプロデュースして「日本一新」という書籍を制作。小沢一郎氏の構想が詳しく書かれている。ではごきげんよう。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


戦後史の激動 は明日考えます(笑)

そう。これはタイトルとは関係ない話かもしれない。でも、もしかしたら同心円状にあることかもしれないから、そうそうあ侮れるものではない。ということで、お読みいただきたい。
高須基仁氏が、主催イベント「熟女クイーンコンテスト」で、オセロ・中島知子と騒動後に電話連絡をとっていたこと、中島知子が自宅マンションを出都内近郊に滞在していることなどを話したという。が、それはイベントとは何の関係もないことだ。「話題の流行」に乗り遅れまいとばかりに、次から次へと自分の名を売りたい人たちが中島知子を語ることは、実は占い師よりもよほど胡散臭い。
堀北真希が正念場らしい。何がって?NHKの朝ドラに決まったからだ。朝ドラに決まったのは朗報だろうって?そう。それはそうだが、堀北真希は正直、数字の取れる女優ではない。ここでコケてしまうと女優として厳しいのだ。さて、どうなるだろうか。
さて、クアトロ検査は、妊婦の採血によって胎児の染色体異常の「確率」をみる検査である。採血だから侵襲性はほとんどないが「確率」しかわからない。一方、羊水検査という文字通り妊婦の腹に針を刺して羊水を抜き取り、胎児が染色体異常かどうかを「診断」する検査がある。診断だからどちらかがはっきりするが、侵襲性は大きく流産の可能性もある。一長一短ある2つの検査のために、クアトロ検査に留めるか、クアトロ検査の結果次第で羊水検査も行うか、最初から羊水検査を行うか、妊婦は悩むわけだ。どちらも一長一短あるあるという点で、世の中のあらゆる選択を象徴していないだろうか。
今日はカツ丼を食べた。何となくいい気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
いろいろ考えても結論が出ないのが、にゅうめんはそうめんにするかひやむぎにするか、という選択肢だ。こんなに考えさせられる問題はない。何しろ、どちらも原材料は同じなのだから、栄養面での比較ができないからだ。
これがもう、会社の同僚などの間でも共通見解というか、同じようなこと言う人間がいるから驚きである。
常に意見が一致する人間が会社に2人いたら、そのうちの1人は不要である(ウィリアム・リグリーJr)。これは会社に限らず、社会や人間関係全体のことを言っているのだろう。もちろん、不要な人間なんていないが、みんなバラバラでちょうどいい、他人との調整に必要以上に気を使わず、自分の道を進めということだろう。
飲み会など積極的に参加すれば、仲間と打ち解けコミュニケーションもバッチリです。悩みごとがあるなら話してみるべきです。頑張りましょう。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


ハロウィン がネットでは熱いですね

暴力団排除条例施行後に、のっけからこんな話はどうかと思うが、「実話ドキュメント」という雑誌の、ももなり高氏の漫画が面白すぎだ。今は新連載が始まった。みなさんも関心があれば一読をお勧めしたい。ということで今日もいってみよう。
だいぶ日が長くなってきた。平均気温自体は春よりも秋の方が高いらしいが、かたやあたたくなっていき、一方は寒くなっていく。その方向性がわかっているので、秋よりも春の方が温かく感じる。
TOKIO・松岡昌宏がサウナで脱水状態になったとき、救助したのは吉川晃司だったということで、芸能生活25周年を超えた吉川晃司が注目されている。80年代はアイドル黄金時代だから、25周年を迎えるタレントがたくさんいる。
どんな食材でも、役に立つ部分もあれば毒もある。この世のあらゆるものに完全無害なものはないのだ。だから、添加物を過剰に騒ぐのも合理的とはいえない。消費者の利益と要求にかなうためには、そのどちらに偏ってもいけない。一面的ではない科学的認識と、極端にならない価値判断が必要である。
なんだか、ちょっと硬い話が続いてしまったようだ。一応自覚している。
さて、入ったスーパーの棚に、カップヌードルとスープヌードルがあった、値段は40円違う。あなたならどちらをとめか。充足感ならカップヌードルだろう。値段ならスープヌードルだろう。私はあえて、カップヌードを選ぶ。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
「それを夢見ることができるならば、あなたはそれを実現できる」(ウォルト・ディズニー アニメ製作者・映画監督・実業家)。そういうものですかね。じゃあ、がんばってみましょうかね。
あ〜、これで一応書き終わりましたが、今日はいまいちだったかもしれませんな。いやあ、自分が書けばそれで満足とは思っていません。イタイ私でも撤収時ぐらいはわかっておりますからね。今日はこのへんで、また次回までごきげんよう。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


ムフォアー族 は○○だから興味深い

「芸能事件簿・今日は何の日!?」っていうブログをご存じですか。芸能界の事件備忘録です。かなり見所はあると思いますよ。興味のある方はググッてみてはいかがですか。では、今日もいってみましょう。
食べ物関連で興味深いニュースがある。第一生命保険のアンケートなのだが、保育園・幼稚園児と小学生に聞いた「大人になったらなりたいもの」の2011年調査結果を発表したところ、男の子では「食べ物屋さん」が4.5%で5位(前年12位)に、「料理人」が3.3%で8位(同10位)に上昇したというのだ。同社は「子どもが料理に挑戦するテレビ番組の影響もあり、男子の『食』への興味が高まっている」と分析した。ひゃっほぅ!
日本テレビがかつて放送した”青春ドラマ”シリーズ最高傑作と名高い学園青春ドラマの決定版「飛び出せ!青春
「はやぶさ」の映画化が松竹によって行われ、「はやぶさ」三部作が作られたが、興行収入10億を超えるものはなく惨敗だという。はっきりいって、映画化してストーリーを見せにくいのに3本も作れば失敗する。「はやぶさ」が騒がれたのは、民主党仕分け議員の「2位ではだめなんですか」発言に対するあてつけに過ぎなかったのだ。
いつもワンパターンの話で悪いが、まあ、これが私の個性なのだ。後半戦もこんな感じだが、ひとつよろしく。
青春スター、中村雅俊の「青春モノ」の代表作は何か、というのが友人との間で議論になった。「われら青春」「俺たちの勲章」「俺たちの旅」「俺たちの祭」「青春ド真ん中!」「ゆうひが丘の総理大臣」……。私はやっぱり「ゆうひが丘の総理大臣」だな。でも、オーソドックスには「俺たちの旅」なのかもしれない。
まあ、この選択についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
「決して人が求める理想を求めません。人が笑ってほしいときに笑いません。自分が笑いたいから笑います」 イチロー(プロ野球選手)。教科書にはならないが不世出の記録を残す。まさに我が道を行くですね。
ジャイアント馬場とアントニオ猪木は若手時代16回対戦してジャイアント馬場が全勝しているんですね。さすが馬場です。もっとも、芳の里戦には1勝もできていませんが。これは、先輩を立てるジャイアント馬場のやさしさなのです。ではまた。
[PR]⇒とにかく京急でいこう 


キンタロー。 高校時代 のことは措いといて… …

大阪維新の会が話題ですね。今度は悪い意味で。「愛情不足で発達障害」という条例案と、市議に政務調査費をあてた事務所賃料の上乗せ分が、事務所オーナー側から政治献金として還流していた問題。幻想を抱かせず事実で判断できるよう、マスコミはこういう問題をきちんと報じてほしいものです。
私が住むマンションのエレベーターが、新しいものに取り替えられることになり、全面改修工事で当分の間、階段で行き来することになった。5階に住んでいるので、上りはちょっと辛いかなという気がするが、運動の機会と考えればいいかもしれない。
松田聖子が紅白歌合戦に出演したが、80年代のようにヒットチャートの1位にランクしているわけではない。90年代のように、これでもか、これでもかとスキャンダルを発生し続けているわけでもない。タレント・松田聖子のナチュラルな価値が評価されている点が意義深かった。でも、娘まで抱き合わせで出演させたのは少しずうずうしく感じられた。
ペットブームだからなのか、最近はペット同伴も可能なカフェやレストランが増えてきた。しかし、こうした店はどういう手続きをとっているのだろうか。どうやら、都道府県に対して、通常の飲食店よりも少しだけ厳しい基準で大丈夫らしい。店内は仕方ないとしても、たとえば残飯などから人獣共通の感染症などが広がらないようにしてほしいものだ。
あれあれ、お湯が沸いた。ポットに入れてから後半戦を始める。……よし、では後半戦を始めよう。
タイトルとはかけ離れて恐縮だが、あなたは「ゆうひが丘の総理大臣」派か、それとも「三年B組金八先生」派か、どちらだろうか。あ、どちらも知らない(笑)。そりゃそうだ。どちらも70年代のドラマだから。いや、要するに中村雅俊派か、武田鉄矢派か、という話なのだ。

「何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない」松下幸之助(パナソニックの創業者)。この方の塾出身の政治家たちは、国民にいいことばかり言ってハシゴをはずしましたが……。
曖昧模糊(あいまいもこ)という言葉の意味をご存じですか。物事がぼんやりして何かはっきりしない様子。それでは評価されません。悪い評価を恐れて、つい曖昧な表現しかできない人。中途半端はもっと悪いですよ。ではごきげんよう。 [PR]⇒とにかく京急でいこう 


中山楽美 について書きたいね

「ジャニーズ目抜き通り」っていうブログをご存じですか。ジャニーズについてかなり詳しいです。かなり見所はあると思いますよ。興味のある方はググッてみてはいかがですか。では、今日もいってみましょう。
有名なラーメン店「天下一品」の店員に聞いた人気の「料理ランキングベスト5」(ロケットニュース24)によると、順に「チャーハン定食」「サービス定食」「こってりラーメン」「豚トロラーメン」「ぽんから定食」だそうだ。ラーメン屋だけど定食ものが上位にきているのが面白い。ラーメンは定食の主食と副食をかねているのだろうか。
河本準一が4月12日発売の「女性セブン」で「年収5000万円。超人気芸人Aの母親の生活保護不正受給疑惑」という記事が書かれた。実際には年収3000万円だそうだが、母親が生活保護を受けているのは事実のためネットでは話題になっている。まあ、一般人ならあるかもしれないけど、今の時代、有名人は情報が漏れるし、また一般人に対する範にならなければならない面もあるのだ。
米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の電子版は、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの世界最大手・米フェイスブックが、今月18日にも新規株式公開(IPO)をする見通しだと報じた。そこまで大きくなったのかという感じだ。
今日は湯麺を食べた。塩味がさっぱりした気分だから、この調子で後半もいってみたいと思う。
ところで、少し暇ができたので、このたび男一人旅をしてみようかとひそかに考えている。といってもこの年になってはじめての一人旅。考えてみたら通勤以外の電車にも乗った経験があまりなく、目的地に無事着けるか不安。というより、そもそもどこに行こうか行き先に迷っている昨今だ。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
たった一人で見た夢が、百万人の現実を変えることもある(マヤ・アンジェロウ 米:詩人)。そういうものかもしれない。
節はよくなってきましたが、春眠暁を準えず状態ですかな。食後のウトウトは免疫力低下の可能性もあります。仮眠の習慣をつけてみましょう。寝不足が運気を落としているかも。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


芸能タンク が今、はっきりするかも

さあさあ、御用とお急ぎでない方はゆっくりとごらんいただきたい。遠目山越し笠のうち、聞かざる者はもののあい路、りかた、良し悪しがとんとわからない。さあて……
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年の2位には、年齢に関係なく元気な日本女性の姿を反映。「女子会と 聴いて覗けば 六十代」が選ばれた。そういえば比較的高い年齢の女性の映像が最近市場を形成している。え、なんの映像かって?それを書いてしまうと、このブログを削除されてしまうのでご想像にお任せしたい。ぬはは。
暴力団排除条例の狙いは、警察の天下り先を増やすこと、なんて陰口もあったが、最初はよく意味がわからなかった。だが、警視庁の組織犯罪対策部の前部長がフジテレビに「転職」するというニュースを知って「なるほどな」と思った。条例により、マスコミは暴力団対策として事情に詳しい警察関係者を招くという筋書きだ。社会正義とはちがうんかい、という感じだ。
葉酸はビタミンB群(ビタミンB9)に属する水溶性ビタミン。妊娠時にはとくに必要とされるので、厚生労働省は2006年2月、妊娠し得る女性(16〜49歳)は1日あたり240μgの葉酸摂取を、妊娠した場合にはそれに200μgを加えた質量(440μg)を推奨するが、サプリメントではなく具体的な副菜メニューを示している。栄養は食べ物で摂れということだ。
ありゃりゃ、なんとも話がずれまくりだ。ちょっと切り替えて次に行こう。
いろいろ考えても結論が出ないのが、にゅうめんはそうめんにするかひやむぎにするか、という選択肢だ。こんなに考えさせられる問題はない。何しろ、どちらも原材料は同じなのだから、栄養面での比較ができないからだ。
そうでしょう。わかってます、わかってます。あなたにはあなたの意見がある。当然です。と、同時に私には私の見解がある、ということです。そういうことです。
「行蔵は我に存す毀誉は他人の主張我に与らず、我に関せずと存候」勝海舟(江戸時代末期の幕臣)。自分の出処進退は自分が決める。他人の評価など知ったことか、という意味ですね。まったくその通りなのですが、最近はそれを悪い意味での居直りに使う政治家も少なくないですね。
情けは人のためならずって意味わかりますか。人を助けてはいけない、という意味ではないですよ。むしろ、その反対です。困っている人を見かけたら迷わず手を貸してあげることが、いずれ自分にも還ってきます。ではごきげんよう。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


革マル派 、その理由知ってる?

「原発ゼロ」で電力需要の高まる夏をこえられるか。政府は福井県おおい町の関西電力大飯原発3、4号機を再稼働させたい考えらしいが、周辺自治体の理解を得られるめどは立っていない。そりゃ、そうでしょう。福島のことがあるんだから。ということで、政府の推進を応援と思われたくないので今日はこの話題にはふれません。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年はドラマ「家政婦のミタ」のセリフと絡めた「妻が言う 『承知しました』 聞いてみたい」なる句が3位になったという。そういえば、ある方面の雑誌では「家政婦はした」というフレーズもあった。もちろん「した」というのはカタカナだ。ドヒャーッ!
AKB48の“口移し”CMに抗議殺到…「こんな品位の欠けるCMはやめてほしい」。AKB48の話題作りもだいぶエスカレートしてきた。
海草類を食べると髪の毛にいいという説があるが、あれは全く俗説だ。ただ、栄養源にはなるかもしれないが。
そうだよ、まだ半分だよ。続きがあるんだよ。
最近はペットブームらしい。家庭で飼っているペットは犬や猫が多いが、それに次いで多いペットは何?という問いかけがあるサイトであった。そこでは、うさぎや熱帯魚がその予想に入っていたが、金魚、ハムスター、インコなども予想する人が多いようだ。ちなみに私はうなぎを飼っていたことがある。なかなかいいと思いませんか?
まあ、この選択についてはいろいろな意見があり、必ずしも私の意見とあなたが同じとは思っていない。ただ、もしよかったらあなたの意見も聞きたいという気持ちはある。
40歳を過ぎた人間は、誰でも自分の顔に責任を持たねばならない(リンカーン)。うーん、責任もってるかなあ。
曖昧模糊(あいまいもこ)という言葉の意味をご存じですか。物事がぼんやりして何かはっきりしない様子。それでは評価されません。悪い評価を恐れて、つい曖昧な表現しかできない人。中途半端はもっと悪いですよ。ではごきげんよう。 [PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


大木うどん 、それは気になる

スノードロップ。花言葉は希望です。何でも希望を持って前向きに頑張りましょー。ということで、今日も始めます。
第一生命保険が開催した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」。今年は投票がインターネットなどで3月15日まで行われ、13万1380票が寄せられた。具体的な入選作については、第一生命の公式サイトで見ることができる。
蓮佛美沙子という21歳の現役女子大生女優が注目されている。蓮佛美沙子は、白百合女子大学文学部児童文化学科、児童文学・文化を専攻する。16歳で大林宣彦監督の『転校生 さよなら あなた』(07)の主演に選ばれ、「20年に1人の逸材」とまで言わしめた。しかし、最近は地上波ドラマも不振で、映画も大作集中主義で少なくとも数は減っている。「20年に1人の逸材」を生かせる場はあるのだろうか。
なんだか、相変わらずマスコミはオセロ・中島知子の問題に熱心だが、「奪還」とか勇ましく報じているがどこまで本気なんだか。ニュースバリューがあるから報じているだけだろう。そもそも、そんなに騒いだら本人はますますかたくなになるだろう。オセロ中島の洗脳よりも、原子力や原子力村、国の嘘に洗脳されてる人達の洗脳を解いてほしいものだ。
ということで、つぎがいよいよ本題ですよ(笑)
このことは、お尋ねしようかどうしようか迷ったのだが、あえて聞こう。あなたは、前田敦子と大島優子のどちらが「ストライク!」と思うだろうか。いや、どちらもストライクというならそれでいい。ただ、強いてどちらかといえば、あなたはどちらを選ぶだろう。あっちゃんが総選挙で勝って以来、どうにも前田敦子バッシングがあるような気がする。しかし、逆にそれがAKB48の話題度を高めているのかもしれない。
いやいや、私の問題のたて方が甘いのはよくわかっている。ただ、わかりやすくと考えたらこんな書き方になってしまった。そのへんはご了解願いたい。
「真実」と「確かなもの」に欠け、苦悩と絶望に満ちた時代にあって、女性は、自分の仕事を通して世の中の失われた心をわずかなりとも世に戻そうとする努力を、何ら恥ずかしがる必要はない(L.ボーガン 米:詩人.小説家)。そういうものなのだろうか。
株で損切りという言葉があるでしょう。いつまでも運気を下げてないで自分で見切りどきが必要なんです。どうがんばってもうまくいかなかったら、さっと撤退しましょう。ではまた。
[PR]⇒出版物編集、サイト制作ならこちらへ 


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED